2008年8月


最近blogが滞り気味。
忙しい、という言葉は嫌いです、が、結果的にblogや内省に時間が取れてない自分にイライラ。
一杯書きたいネタあるのに。。。
 
 
とはいえ、立ち上げ期、忙しい事は幸せな事です。
 
 
この2週間くらい走り回っていたおかげで
べトナムのxxとか
中国のxxとか、
シンガポールのxxとか、
 
 
いくつかお話を頂き始めました。(まだ何にも言えません・・・。)
それ以外のまだ未定案件も、インドの話や中国の話や国内の話、最近話題の資源関係の話など、
かなり面白い案件がごろごろ。
 
 
きちんとクローズしていいインパクトと付加価値、出せるのだろうか・・・。
 
 
心を亡くさず。
失わず。
いい出会いとチャンスに感謝して、一つずつクローズして行きたいと思っています。

まずは今日いくつかの認可と増資、この手続きをきちんとしなければ。。。

広告

友人で同じ時期に起業をしている(準備含め)T。
 
 
大学時代から知っている彼のビジネスプランを聞いているうちに「もっと詳細にプランを詰めないとなぁ」と痛感。
慌ててノートを取り出して色々思考中@アカデミーヒルズ
 
そんな時このメールマガジンで紹介されているポイントが目に入った

1.製品・サービスをどうやって開発するか?
2.最初の顧客数社をどうやって獲得するか?
3.ビジネスを成長させるには、どんな条件が必要か?

シャープに、シンプルに、面白く、考えよう。

招待してもらい2008年国際交流フェスティバルに来てみる。
 
大きな文化祭、という感じの会だったが、想像以上にいろんな国、文化がある事にびっくり。
そしてこの雰囲気が凄くいいなぁ、と再度認識を強める。

カメラとか持って行かなかった事をかなり後悔しながら、
何となく面白かったのでお茶の会に並ぶ西洋風の方々をパシャリ。
 
 
異文化共生が出来る社会、少なくとも国になってほしいなぁ、という思いを強くして
その場を後にしました。

呼んでくださったIさん、本当にありがとうございました。
凄くいい体験になりました。

日本の中にある外国、これにも目を向けて行かねば。

今日はいい言葉に触れる事が多かった。
 

「目標がその日その日を支配する」
 
 

松坂投手が好きな言葉の一つに「目標がその日その日を支配する」という言葉がある。これは横浜高校の渡辺監督が座右の銘にしている詩人・後藤静香氏の『第一歩』という詩の一節であるが、松坂はだれかに言われるまでもなく、目標をどうしたら達成できるかを常に考え、自分のやるべきことを続けてきた。

優れた話し手になりたいなら、4つの「D」がなければならない。
第1に、上手に話したいという強い、燃えるような「願望」すな
わちDesireだ。

第2に「上手に話すためには必要なことは何でもする」決心、すな
わたいDecisionだ。第3に、講演やプレゼンテーションのプランを
立て、しっかり準備をし実行する訓練、すなわちDisciplineだ。

最後に、障害や困難をものともせず、がんばってやり抜くという決
意、すなわちDeterminationだ。

とんでもない暑さの8月、いい言葉をガソリンに、いい感じで乗り切りましょう!!
英気を養う、よい週末を。


 
自転車でヒルズへ向かっていると。
向こうから青い男達が
 
ここ、六本木のツタヤの前ですが・・・。
劇場じゃないのですが・・・。
 
 
ツタヤの中に入り、スタバの店員の代わりをしてみたり
気さくに写真撮影に応じてみたり。
そして嵐の様に去って行ってしまった。
 
 
たった数分、その場にいただけで、結構騒然となっていたなぁ。
こういうプロモーション、パフォーマンスアート系の方々にとっては効果的なんだろう。
めっちゃ暑い中、自転車に乗っていたご褒美をもらいました。

犬も歩けば、と言うけれど。本当だなぁ、と思う事が最近多いです。
 
この場ではきちんと「何」をやるかは発表していなかったですが以下事業概要です。
 
アジアに学校を創ります。
日本企業の海外進出の為のBASE CAMPとなるような現地化特化の学校・研修機関を。
 
とはいえ、いきなりは研修機関持てないので、ステップとして、在日エスニック企業、在日(もしくは在アジア)日本企業、日本人留学生、アジア留学生、それぞれに今足りていないサービスを届ける。こんな事から始めようと思っています。(詳しい事業内容は後に出来るコーポレートサイトで順次発表させて頂きます。)
 
日本の一人あたりのGDPが下がっている中で、かつ対海外のビジネスを大物電気・自動車企業以外は経験していなかったこの国で、今後の社会を担う海外事業人材を創り出す、産み出す、作り続ける(しつこい)機関を作り上げる。
その上で、アジアに”利”と”志”でつながるプラットフォームビジネスをする。

そんな志の元、事業を創っています。
後は僕はエンジニア・クリエイターではないので、マネージメントエンジニアリング(勝手に作った造語です)を大事にして行きます。そのためにエクイティベース、ファブレス、コミュニティを基本の考え方に持っています。

・・・そんな話をしていると、「私の●●もそういう事をやっていて。」とか「こんど●●で学校を創ろうと思っていて」とか、そんな話を頂く事が多くなってきました。犬も歩けば本当に大事な出会いに出会えます。
 
出会いを大事にしながら、一つずつ事業を形にして行きたいと思っています。

突然ですが、僕はMAC,appleが好きです。
 
 
理由はかっこいいから。なんてミーハーな事ではなく、
とにかく使いやすい、OS,デザインに関して思想に共感できるから。
 
 
MACを使っていて、「なんでこうなる?」と思う事はwinに比べて圧倒的に少ないと思っています。
 
 
この「なんでこうなる?」がない状態はストレスがないし、
何より使っていて気持ちがいい。(思考も含めて)スピードは快感だと思う事が多いです。

今日rssを読んでいたらこんな記事を発見
4行で書く事業計画。これまた乱暴な、とお持ったけれど

1. 商品またはサービスの内容は?
2. 対象となるお客さんは誰?
3. いつまでにやりますか?
4. 支払はいつ?お金はいつもらえる?

確かに、こういわれると、これが「骨」だと言う事が理解できる。
相手に伝わるスピード、腹に落ちるスピード、ストレスレス、感動
全てはシンプルに、潔くする作業から発生するんじゃないかなぁ、と改めて認識させられた4行でした。
 
 
まさに今、ビジネスプランの前段階や、数値以外のモデルの部分を作っているので、
この4点を強く意識して、「潔い・シンプルな」ビジネスプランを作ろうと思います。

次ページへ »