2008年10月


僕は多分上司に恵まれている。
 
初めての大ボスは二人、
一人は「この人がいたからこの会社に入った」という程の人で、
大の”人たらし” 年に数回会えたら多い方だけど、毎回会う前は緊張でガチガチになってしまうくらい、
僕に取っては偉大な人だ。(ちょっとだけ親父に似ている、というせいもあるが)
 
そしてもう一人、某外資証券で最年少パートナー(のはず)に上り詰めた豪腕A氏。
実績が凄いってのももちろんだが、何より凄いのは「人間性」と「記憶力」
まあ覚えてる覚えてる、人が嬉しい事、気にかけないような小さな事まで。
 
そんなA氏から新卒の時にもらった言葉

be EXCELLENT not good or better, EXCELLENT.
 
期待を乞える事の重要性、噛み締めなくては。
 
よし、がんばろ。

現在とある大手企業の新規事業開発を一緒に進行中。
 
その中で非常に「いいなぁ」というMTGがあった。
ゴール、マイルストーンなど一番はじめのプロジェクト設計をしているときの事、
 
ぶれがちなスコープに対して
「こういう考えでまとめてみたんだけど、これがイメージ違ったら教えて」
 
たったこの一言から、彼が提示してくれたフォーカス・スコープとそのスケジュールは非常に妥当。
そしてその瞬間に気づいたのは「(たとえその時点の一時的な物でも)感情論ではなく意見=結論を提示すべき」
という至極当たり前だけど、非常に難しい事。
 
「誰が正しい」「こっちがいいと”思う”」では無く、小さくても、テンポラリーでも形として提示する。
その質と量を上げて行きたいなぁ、と思った瞬間でした。

MTGの本、沢山読んだけど、まだまだ現場で学ぶ事は多い。
成長が楽しい今日この頃です。

独立するまえ、した後での成長感の違いは、出会っている「人」の質・量による所が多い
と感じる今日この頃。
 
前職も人に会う仕事ではあったのですが、今は本当に桁違い。
平均すると一日数人、新規で会う方が増えて行く。
その度に新しい刺激をもらい、考える事があり、宿題もある。
 
それが楽しく、この経験を出来るだけでも独立する価値があるのではないか、
と勝手な勘違い(ええ、これだけで満足していたらただの自己満足ナルシストですね)
をするぐらい、恵まれている。

今日も本物の、すばらしい方とお時間をもらうことができた。
ライフネット生命保険株式会社 出口様
 
グローバリゼーションは道を創る事。
 
というお話で始まった約1時間のお話は、歴史有り、哲学有り、示唆あり、と盛りだくさん。
お人柄なのか、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
 
次回のステップも創れたし、本当に貴重な時間、どうもありがとうございました。
期待に応えられるよう、頑張ります。
 
沢山の言葉、お勧めの書籍、勉強会の紹介に加え
お土産もいただきました。

 
元々金融に足を突っ込んでいた事もあり、保険=プットオプションの感覚が強く、
「あんなに営業マン抱えて」「あんなに給料払って」「あんなに広告打ってたら」
どんだけオプションにプレミアム乗っているんだろう、、、って思っていた事がありますが、
ライフネット生命は全く逆。
 
知識のある人が合理的に考えても「確かにこれは入っておいた方がいいな」
という商品になっています。(もちろんない人には分かるまで丁寧に教えてくれる
例えば、保険を「サービス」だという前提で、「必要な額をきちんと算出して」「余計なコストを掛けずに」
「いいサービスをする」というシンプルだけれども一番大事なことを徹底してやっていらっしゃいます。
 
→ご興味がある方はこちらから「どうやって選んだらいいか」を分かりやすく説明してくれています

その会社のカラーそのままの、非常に懐の広い、誠実なお方でした。
非常に楽しい出会い、感謝です。


 
(写真はかなり終わりかけ、、、僕の落ち度でカメラを忘れ、急遽携帯で撮影→携帯でリサイズなので画像もイマイチです。結局ほぼ満員の80名程度の方が来て頂きました。)
 
このページをみて来て頂いた方、声をかけて頂いた方含めご出席頂きましてありがとうございました。
日印のトップクラスの方々とお会いする事ができ、お話することができ、アスノバ、有田、そして主催のサンアンドサンズアドバイザーズ様共々、
関わって頂いた方々に感謝をしております。

急遽の声掛けにも関わらず、沢山の方が来て頂いた事に皆様の期待と、
今後の機会の大きさを感じました。
 
出来る限り、日印の関係構築にいい影響を与えられたらなぁ、という思いを強くした、
そんな一日になりました。
 
個人的には何より、一国・企業の中でのトップ・トップクラスの方々とお会いでき、
交渉現場を生で体感できた事、これが大きかったです。
 
良く「カルチャーの違い」と言いますが、この2日間ほどそれを感じた事は無かったかも。
例えば交渉の席で何を話すか、その順番、落としどころの持って行き方、全部が違うのです。
 
かかる時間も、話す内容も、「これだけ違うか」という新鮮な驚きでした。
 
例えば、の例を挙げると外国人の方の特徴は

・15分くらいでこちらからのプロポーザルを受けた後に「これとこれとこれはもっと聞きたい、それ以外は多分無理」という見極めが早いし明確
・自分のミッションの範囲をかなり意識されていて、それ以外は「誰に」「どういう形で」話をするか、の段取りをバシッと決める。

という責任と選択がかなりはっきりしている、という所でしょうか。
それ以外にも、あるのですが、一番はここでした。
 
最後は某超大手外資企業様の執行役員(フランス系の方)とこちらの一行との話し合い、
話をしていたのはインド人の方とフランス人の方がメインでしたが、そこで「日本人⇔外人」ではない会話・交渉の仕方が見れ、気づく所が多かったです。あぁ、英語、もっと出来る様にならないと・・・も含め。
 
 
さてさて明日から、2日間でもらった宿題を、いい形でゴール設定→着実に形にする
をやって行こう。

本日はお知らせです。
弊社初のイベント(といっても単独開催ではありませんが)を行う運びとなりました。
若干お席に余裕があるので、「インド」「ソフトウェア」「金融」「人材」「海外人材」に興味がある方々、
よろしければお越し下さいませ。
 
お申し込みはinfo_ind_at_asunova.com までお願い致します。
 
(_at_を@に変えてくださいませ)

インドNASSCOM会長およびGlobal Talent Track社CEO来日歓迎
ネットワーキングディナー開催のご案内

 
拝啓 ますますご清祥のことと存じあげます。
さて、このたび、インドソフトウェア・サービス協会(以下、NASSCOM)会長ガネーシャ ナタラジャン様と、
Global Talent Track社CEOのウマ ガネーシャ様がインドでの専門学校の設立にあたり、
日本での技術者教育視察および関係構築のため、10月26日から29日まで日本を訪問されることになりました。
 
そこで、株式会社サンアンドサンズアドバイザーズ、及びアスノバ株式会社では、
この機会を捉え、下記のとおり、両者の来日を歓迎するネットワーキングディナーを開催いたしたく存じます。
つきましては、ご多用のところ誠に恐縮ながら、お差し繰りご出席くださいますようご案内申しあげます。
                            

敬 具

1.日 時  2008年10月27日(月) 19:00~21:00

2.場 所 新丸の内ビルディング 10階 東京21cクラブ
(千代田区丸の内1-5-1/電話:03-6266-9400(代表))

3.会 費 5,000円
※ ご参加の方には、当日受付にてお支払い願います。欠席にご変更の場合は、10月24日(金)までにご連絡ください。これを過ぎた場合は、会費をご請求いたしますので、予めご了承願います。

4.形 式
① 平服でお越しください。
② 立食形式のディナー
③ NASSCOM会長スピーチおよびネットワーキングを予定

ご出席いただける場合のみ、10月24日(金)までに電子メールでご連絡くださいますようお願い申しあげます。

<本件に関する連絡先>
アスノバ株式会社 担当 有田
E-Mail info_ind_at_asunova.com
(_at_をあっとまーくに変えてください、またこちらのアドレスはスパム防止のため、28日以降は消滅致します。)

1年6割
 
 
 
この数字、何の数字だか御分かりになりますでしょうか。
 





 
ここは考える時間です。








  
正解は、、、
 
 
 
中国での(概算)一年企業生存率。(JETRO統計、ASUNOVA調べ)です。

これをもって「アジア全体」とは言えないですが、推して知るべし。です。
 
 
 
でも逆に、中国・北京で2000万円の資本金、これは日本での価値観算でいくらでしょう。
 






 
ここは考える時間です。








  
正解は、、、
 
 
約8000万円。

実は今日、北京で学校を経営していらっしゃる日本人経営者の方と話をしていて、
この話がでてきた時「ピカッ」とひらめいたのはこの数字を聞いた・見た時でした。 
 
この数字を多いと見るか、少ないと見るか、
僕の単純な気づきは「おお、かなり多い資本金からビジネスが始められる」でした。
貨幣価値が1/5〜1/4だとすると、日本では小資本でも中国では中〜大資本から始められる。
これは起業家にとってメリットではないでしょうか。
 
 
これをメリットと取れるか、取れないか、マインド・スキルによって全く状況は違いますが、
市場間(この場合日本と中国)の金銭感覚の差は戦略を決める際の重要なファクターになってきます。
 
 
いい気づきをもらったMTGでした。

ようやく出来上がりました。コーポレートページ・・・と御伝えしたい所ですが、
若干手間取っておりDBの調子が悪いらしくまだUPはしているものの、見れません。。。
まあ、こういう事もあるかな、と言う事で<自分に言い訳。

次ページへ »